借金で苦しむ方の問題を解決する手続き

債務整理とは法的に借金を見直し、それで困っている人を再生させる方法や手続きのことです。債務整理には任意整理、民事再生、自己再生といった手続きがあります。また既に払い終えた借り入れに対しても過払い金返還請求という手続きもあります。

 

任意整理は、今後の金利がなくなり、借金の総額と毎月の返済額を減額し、一部の返済だけを選ぶこともできる方法です。民事再生は、返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、減額された借金を3年かけて分割で返済していく手続きをとるものです。

 

自己破産は、財産等を欠くために支払時期が到来しても継続してすべての借金を支払うことができない状態に至ったことを裁判所に認めてもらい法律上、返済の支払い義務を免除してもらう制度です。

 

自己破産は戸籍に残ったり、就職先に影響が出るわけではなく家族や親戚が保証人でない限り、家族や親戚にも影響が出ません。財産は手放すことになるため、自己破産はしたくない方や任意整理は無理だと思う方は民事再生を選ぶのがベストのようです。

 

過払い金返還請求という手続きは金融業者に返しすぎたお金を返還してもらう手続きです。この手続きは弁護士や司法書士に依頼して、安全に手続きを行ってもらった方がよいです。
どの方法も実績のある弁護士に債務整理の相談をすべきです。